学校概要

校長メッセージ

 私たちは、「現(うつつ)」、つまり現実に生きています。「現」の語幹「うつ」は、「うつ・る」と同じです。「移る・写る・移る」等。これらは、使い方は違いますが結局移動していることに変わりはありません。よって、「現=現実」の定義も「移動」となるのです。
 この移り行く「とき」の中で、人々は歴史を創り変えてきました。そこに、真っ先に必要なものが「人の思い」です。強い思いが進化の歴史を創造してきたのです。
 本校の教育理念は、「Humanity and Science」です。まずは人。医療に、福祉に、弱い立場の方々に、強い思いを持った人が必要なのです。大志を持って挑んできてください。

専門学校北海道リハビリテーション大学校

校長 大山 節夫

「とき」は絶えず移り行くものです

「とき」は絶えず移り行くものです

校長メッセージ

 私たちは、「現(うつつ)」、つまり現実に生きています。「現」の語幹「うつ」は、「うつ・る」と同じです。「移る・写る・移る」等。これらは、使い方は違いますが結局移動していることに変わりはありません。よって、「現=現実」の定義も「移動」となるのです。
 この移り行く「とき」の中で、人々は歴史を創り変えてきました。そこに、真っ先に必要なものが「人の思い」です。強い思いが進化の歴史を創造してきたのです。
 本校の教育理念は、「Humanity and Science」です。まずは人。医療に、福祉に、弱い立場の方々に、強い思いを持った人が必要なのです。大志を持って挑んできてください。

専門学校北海道リハビリテーション大学校

校長 大山 節夫

教育理念

Humanity and Science

専門学校北海道リハビリテーション大学校は、
知識や技術を習得するだけでなく、
真摯な姿勢でリハビリテーションに取り組む、
人間性豊かな人財を育成します。

Diploma
Policy

ディプロマポリシー

本校は、医療技術に関する知識及び技術を教授するとともに、豊かな教養と人格を備えた有能な医療技術者を養成し、よって社会に貢献しうる人財を育成することを目的とする。

学則 第1条 目的

この目的を達成するため各学科共通のディプロマ・ポリシー(卒業認定、高度専門士授与の方針)を定める。

  • 本校の教育理念である、「Humanity and Science」に基づいた高邁な精神と高い倫理観、保健医療福祉の専門職としての豊かな教養と人格を身につけている。
  • 保健医療福祉の専門職に求められる基本的な知識・技術を体系的に理解・修得し、科学的思考ができる。
  • 様々な立場や意見を尊重しながら、自らの意見を伝達し、相互理解を得るコミュニケーション力を身につけている。
  • 自ら課題を見つけ、解決に向けて専門分野の知識・技術を活用し、主体的に取り組む探求心と自己研鑽力を身につけている。
  • 対象者のことを第一に考え、生活行為向上に向けて、真摯に取り組む姿勢を身につけている。
  • 保健医療福祉領域において自らの専門性を自覚し、多職種と連携・協働して、その責務を果たすことができる。
  • 保健医療福祉に関する地域社会及び社会全体のニーズを捉え、専門職として貢献できる。

teacher
Introduction

教員紹介

リハビリ現場でプロフェッショナルとして活躍された経験を持つ当校の教員は、指導力も抜群。一人ひとりの理解度を見極め、指導するからこそ、現場から求められる人財を輩出できています。

  • PT

    理学療法学科

    MORE

  • 浜本 浩一 search
  • 元木 純 search
  • 江戸 香苗 search
  • OT

    作業療法学科

    MORE

  • 目黒 文彦 search
  • 水尻 恵利伽 search
  • 柿崎 貴浩 search
  • ST

    言語聴覚学科

    MORE

  • 佐々木 勇輝 search
  • 岡﨑 聡子 search
  • 阿部 由美 search