News

道リハ紹介~言語聴覚学科

オープンキャンパスや進学相談会が中止となり、なかなか高校生の皆さんとお会いする機会がありませんので、ココで少しずつ各学科の紹介をしていきますね。

 

まずは「言語聴覚学科」です。

リハビリ職の中でも、あまり知られていないお仕事だと思います。

私たちにとって「話すこと」「聞くこと」「食べること」というのは、毎日の生活の中でとても大切なこと。

それが、病気や事故、発達上の問題などにより、うまく出来なくなってしまったら?

ことばによるコミュニケーションや食べ飲みすることが難しくなってしまった人たちに寄り添い、よりよい生活が送れるように支えていくのが言語聴覚士のお仕事です

やりがいについては、パンフレットで阿部先生も語ってくれています。

 

 

同じページに、私が「おっ!」と思った言葉があります。

それは岡崎先生の「未来がどうなってもロボットにはできない仕事です」という言葉。

確かに!!

人工知能(AI)の発達により、何十年後かには色々な仕事をロボットが行っているかもしれません。

でも、この仕事は人じゃないと出来ない仕事なのです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、やりがいも将来性もある言語聴覚士という仕事を、道リハで目指してみませんか?

 

言語聴覚士を養成する学校は、北海道には本校含め3校しかありません。

なんといっても、道リハは国家試験合格率100%(全員合格)というのが自慢!

もちろん就職率も100%です。

 

臨床経験豊富な教員から学べること

 

 

3年間で4回行う臨床実習で色々な領域の病院実習が出来る

…などもポイントです。

 

●資料請求はこちら

●メールでのお問合せ public-rehabili@yoshida-g.ac.jp

●電話でのお問合せ  0120-607033(吉田学園入学相談室)

進学に関するご相談は、お気軽にお問合せください。